08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
久々に
 
冬野菜は夏に比べて手がかからない。
夏は空けても2日に1度は様子を見て手入れをしていたけれど、
冬は虫さえ気にしなければ週に1度で十分かな?
それでも3日に1度は行って虫チェックをしたりしていたけれど、
最近は日が暮れるのが早くて作業ができる時間がとても短いので中々行くことができず、せいぜい必要に迫られて収穫に行くだけだった。
そんなわけで今日は久々に時間ができたので完全装備でいざ畑へ。
手入れはできずともとりあえず収穫にはきていたので全体の様子はざっとはわかっていたけれど、
一つ一つじっくりチェックしていくとアオムシくんがまだまだがんばっていた。
ものによってはもう1匹2匹いても問題はないんだけれど、
それだとなんだか不公平な気がしたのでかわいそうだけれど、これも運命だと思ってみんなに天国へ行ってもらうことに。
またどこかですぐに生まれ変われることを願っているから。
初めて種から育てた紫のブロッコリーくんたち。
よくみたら小さいのが見え始めた。
緑のブロッコリーくんたちはもうすぐ終わるからちょうど良いかな。
日当たりの関係や植え替えのずれでいい感じに成長にも差があり、順序よく食べれそう。
キャベツも苗を買ったものはもう少しで食べれるかな。
種から育てたものも巻き始めた。
ただアブラムシがすごくって、特に芽キャベツがやられて今日も2本諦めた。
体験塾の農園の方は1月いっぱいで畑を返さなくてはいけないので収穫しつつ順に片付けも。
こちらは間隔を取らずに大根やブロッコリーを植えてしまっているのでどうしても成長が遅いものは日が当たらず通気性も悪く育ちが悪い。
そのため今日は日当たりと通気を確保するための作業をした。
これでまたしばらく様子を見よう。
一通り収穫も終え帰宅。
危険はわかっていたけれど、祖母がいたから大丈夫だろうと思い、おかってに小松菜とほうれん草が入ったかごを置いて着替えに部屋へ。
すると少しして祖母の声が‥‥。
祖母がちょっと自室へ物を取りにいった隙にメル&クラウスがやってくれたよ‥‥。
着替えをすませておかってに来てみると小松菜が半分ぐらい無い!
うちのワンコズは野菜が大好き。
さすがに根菜類は置いておいてもかじったりはしないけど、葉モノはいつでも狙ってる。
特に白菜とキャベツにはめがない。
食べても危険な物ではないから盗んでもそれ程怒りはしないいけど、
せめて洗ってあるものを食べた方がいいと思うんですけど‥‥。
 
auther:とんがらし, farm, comments(1), trackbacks(2), - pookmark
野菜フェア
 
母と祖母と三人で国際フォーラムで開かれた全国野菜フェアへ。
会場の真ん中にぐるりと試食コーナーがあり、一つ一つ試食しながら一回りするともうお腹いっぱいに。
新しい調理法を知ったり、全国の名産品を見て回ったり、とにかく野菜三昧で楽しかった。
お昼は広場で屋台料理。
以前ここへ仕事にきていた時、この屋台には大変お世話になった。
あの頃なかった屋台もあってほんと美味しくて、電車賃かけてでもまたお昼食べにこようって母と約束した。
午後は先月フォーラム内にオープンしたごはんミュージアムへ。
ちょうど宮城米フェアをやっていてごはんの食べ比べやクイズに参加した。
ごはんミュージアムのマスコットごはんぢゃワン君のユーフォーキャッチャーがあり、なんとか2個ゲット。
ごはんグッズもいろいろあって先日私の茶碗を祖母がわってしまったので、マスコットの茶碗を買ってもらった。
そしてごはんカフェでケーキを食べて、帰るにはまだ余裕があったので再び野菜フェアへ。
お腹いっぱいだっていうのにまたむしゃむしゃ葉っぱをかじりながらもうひとまわり。
すると1カ所野菜を配布している場所が‥‥。
ネギを貰ってさすがに疲れたので帰路へ。
夜、たくさん貰ってきたレシピを整理。
せっかく貰ってきたから少しずつ参考にして色々作ってみよう。
ちなみに私は決してレシピ通りには作らない。
あくまでも参考にして手を加えて調理する。
それを参考にどれだけオリジナリティを出せるかにかけるのが私流だ。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
収穫祭
 
体験塾の収穫祭。
そして体験塾最後の日。
午後から仕事だったから途中で私は抜けることに。
抜ける時間までにけんちん汁のお雑煮に間に合わなかったから汁だけ一人先にいただいた。
今回の収穫祭の目玉は品評会。
作っている中で一番と思うものを一つだす。
何にしようか迷って、畑で他の人のものをチェックなんかしたりして(笑)
そして白菜を出すことに決めた。
品評会の順位の決め方は野菜に番号を振り一人1票投票する。
どれもみんなよくできているから困ったけれど、とりあえず自分以外に投票。
自分で自分に入れてもいいんだけれど、なんかね。
母も妹も他者へ投票。
そして結果、嬉しいことに私の白菜くんは2位に輝きました!
他にも白菜を出している人はいたけれど、ウチの白菜の決めては巻きが良くてつまっているからだって。
結球が始まって様子を見て葉が開かない様きちんと縛ってあげたのが良かったそうだ。
縛った結果を実際見比べることができてみんなも縛ろうって思ったみたい。
その後母と妹が修了証をもらってきてくれた。
色々勉強になり、楽しかった体験塾。
空きがあればぜひ来年も参加したいと思う。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
順調
 
久し振りに畑仕事。
だいたい毎日見にはいってるけど、様子を見てくるだけだから。
ちゃんと支度をして道具を持っていざ畑へ。
一番やるべきことは虫取り。
芯の方は指を入れると芽を痛めてしまうのでピンセットを用意した。
ブロッコリーとキャベツ約40株、一枚一枚丁寧にチェックしていく。
半分は寒冷紗をかけてあるが、苗作りの時点でついていたのもいたらしく寒冷紗の仲で温々育っているやつもいた。
でも、これで多分もう大丈夫だろう。
とりあえずウチの畑にはモンシロチョウのアオムシさんしかいない。
農園はモンシロチョウとあと尺取りっぽいアオムシさんがいる。
結構ヨトウちゃんにやられている畑が多いみたいだけど今までヨトウちゃんは見たことないな。
環境的に何かあるのかな?
虫取りを終えて、人参の間引きをしてタケノコ芋を掘った。
タケノコ芋は初めてだったからなんだかよくわからないまま持ち帰ったが、
洗いながら葉の部分を取ったら、あら、まぁ、タケノコ芋になってるじゃない。
長さ25センチ。
子芋6個。
甘辛く煮て食べた。
ねっとり、ほくほく。
芋類があまり好きでない父がうまいといってぱくぱく食べていた。
次はどうやって食べようかな?
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(3), - pookmark
虫取り
 
やっと畑の冬の準備が全て終わった。
あとはひたすら虫取りね。
今回初めて自分で苗作りからやってみた。
なかなかいい感じの苗になったのでもったいなくて畑をフルに利用して植え付けた。
あんなにブロッコリーとキャベツばかりどうするの?って感じだけど(笑)
あとは食べられるように上手く育ってくれることを願う。
そのために私に出来ること、それが虫取り。
半分ぐらいは寒冷紗をかけてあるんだけど、
みんな徒歩で入り込むのか?紗の中でむしゃむしゃ上手そうに食べている。
以前はお箸で取って埋めるか、おばあちゃんと一緒に行って私がいる所を教えておばあちゃんが取って踏んづけていたけれど、
少しは私も強くなったようで手袋をしていれば手でつまんで取れるようになった。
そして踏んづけることも。
ただ、紋白蝶の青虫さん限定だけど(笑)
でもやっぱり1つの命には変わりないから踏んづける時は複雑な気持ちになる。
はたして私という人間はこの命を奪うだけの価値ある人間なのか?
人間は虫を害虫として殺すけれど、虫から見たら人間は害虫と同じだろう。
人間は勝手にこの地球を人間中心の星だと思い込んでいる。
この地球に守られて生きることを許されている全ての命には差などなく平等なはずだ。
とはいえ虫による被害で人間の食べるものが無くなり虫が増え、人間が減るというのも現在のバランスからいっておかしいことだと思う。
だから我が家の野菜についた虫さんには運が悪かったと思ってもらうしかないのだろう。
忘れてはいけないこと。
全てへの感謝の気持ち。
おいしい野菜を食べるために虫さんの命をいただきます。
私の身体を作るため食材となる動植物の命をいただきます。
私を生かしてくれてありがとう。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
さてさて
 
昨日やっとこ折れてしまった変わりの鍬とマルチを購入。
それから大嫌いな虫さんから守るべく、棒と寒冷紗も買ってきた。
まぁ、青虫さんならなんとか大丈夫だからお箸で頑張って取るけどね。
今週末にニガウリとシカクマメにはお疲れ様をして秋蒔きの準備と種蒔きしなきゃ。
あ、その前に生ゴミ堆肥を入れて埋めなきゃだ。
涼しくなったから作業しやすいけど、雨続きでジメジメしててちょっと憂鬱なのよね。
とはいえ作業しなきゃ冬食べる物が無くなってしまう。
自分で自分の尻叩いて頑張ろう。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
そろそろ
 
畑の野菜も折り返し地点を過ぎた模様。
トウモロコシは2週収穫をずらすよう作ったけれど、
初めの分はちょうど雨と重なり今一の出来。
後の分は小振りながらも美味しく出来た。
けど、その内一番美味しい5本を母の不注意でクラウスに食べられた。
クゥニャン食べても下からでちゃうだけなんだもの。もったいない(笑)
そうめんカボチャはツル無しだからと甘く見たら伸びる伸びる。
それに花が朝方ちょっとしか咲かないみたいで受粉できないし‥‥
それらを課題として来年頑張ろうと思う。
茄子とキュウリは出だしが日照不足と雨でつまずいたから、元気がいまいち。
それでも茄子は今でも踏ん張ってくれている。
キュウリはもう終わりだね。
それでもかなり食べたかな。
今は隣りのゴーヤがキュウリ棚も占領し成長中。
ゴーヤは3種類あったけど、一緒に植えたらみんな混ざって実は1種類。
それも白いゴーヤと緑のゴーヤだからか、薄い緑色のゴーヤが出来る。
凄くみずみずしくてやわらかい。
でも、キュウリ棚へ伸びたのは独立できたみたいで深緑のができだした。
第2弾が咲き出したから様子を見てみよう。
今年一番出来の良い野菜はだんとつトマト。
トマト嫌いになりそうな程、3年分ぐらい食べた気がする。
そんなトマトもそろそろ終わりが見えてきたかな。
6段までほぼ収穫が終わり、今11段ぐらいまでなんとか実はついているけれど、
そこまで食べるまでにはならないかな。
取り敢えず身長越えた分はいいかなってことで。
トマトといえば、わき芽の挿し木が楽しくて。
あちこちさして楽しめた。
あとは、唐辛子たち。
タバスコは立派な木になった。
ハバネロもすごく実がついている。
ハラペーニョは隣りのハバネロに負けちゃってるのかちょっと控えめ。
スーパーチリは1本突然枯れてしまってショックだった。
島唐辛子はちいちゃくて凄くかわいいの。
初めて作った唐辛子は大きさがわからなくて、結果隣同士が重なり合ってしまったから、
来年はもう少し余裕を持って植えてあげなきゃね。
それは他のものにも言えるから、一番の課題かな。
今一番最盛期はシカクマメ。
大きな紫色の花はとっても素敵。
豆の形も不思議で食べてても楽しい。
来年はもっと立派な棚を作ってあげよう。
なんて思っているうちに、もう秋蒔きの準備をしなくちゃね。
農家、特に昔の全て手作業だった人って大変だったろうな〜と日々感心。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(1), - pookmark
ついつい
 
穴掘りはやっぱり大変。
幅&深さ50冦さ4mの穴を掘るのはなんてことなさそうで、なんてことはある。
掘る度に、ドラマで夜中に死体を埋めたって話がたまにあるけど、あれは無理だといつも思う。
たとえ埋められても次の日筋肉痛で動けないからばれるって(笑)
野菜達は久々のお日様が嬉しそうにみえた。
気温差と長雨でみんな不調だけど復活してくれることを願いながら追肥した。
ゴーヤは棚を作ったけど予想以上にしげってどこに実があるのかぱっと見わからない。
そのため今日隅々まで確認したら2つ熟れ過ぎて食べれないのがあった。
もったいないことをしたと反省。
穴掘りだけのつもりがついつい手入れまで始めてしまった。
やることはたくさんあってやりだすと止まらないのよね。
明日はトウモロコシの収穫と片付け、草むしりをやろう。
羨ましいほどに元気よく草は育っている。
がんばれ!自分。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
お日様
 
久々のお天気。
洗濯が気持ちいい。
お日様嬉しいけど暑そうだからおうちでゴロゴロしたい。
でも、連日の雨で畑は全然手入れできなくてかわいそうなことに…
夕方がいいけど夕方は忙しいから仕方ない、無理しない程度に頑張ってこよう。
手入れは明日するとして、堆肥入れる穴掘りと収穫をしてこよう。
ミニトマトいっぱいあるかな?
7月はひたすら茄子とトマトと胡瓜の生活だからか1キロ痩せたよ(笑)
さぁ、iPod片手にいってくるかぁ!
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
やったぁ!
 
Jが参加するイベントのチケットが無事とれた。
これでツアー前に兄貴にあえる♪
マジ熱い夏になりそうだぜぃ!イェイ!

これからわが家のジャガ芋掘り。
狭いところへ3種20株ずつ作ったからやはりこぶり。
その辺は来年の課題とし、できたお芋をおいしくいただくとしよう。
昨日、一昨日と畑に行けなかったから、きっと胡瓜がへちまになっちゃってるかな(笑)
私は胡瓜の種が好き。
だからわざと少し太くなってから収穫する。
でも、スーパーで売ってるものしか食べたことがない、へたしたら見たことがないのか?先日農園の草を捨てる場所に取ったばかりらしいおいしそうな太った胡瓜ちゃんが2本捨ててあった。
おいおい…と思いつつ、もちろん拾って帰って美味しくいただきました。
そういうことしてるともったいないオバケがでるんだぞ!
人が生きていくうえで一番大切なものは『食』だと私は思っている。
だから食べ物は無駄にしちゃいけない。
それでも不注意で腐らせちゃったときは、ごめんなさいと謝って次の作物のための栄養になってもらうため土に帰す。
いつまでも感謝の気持ちを忘れちゃだめね。
 
auther:とんがらし, farm, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
 1/2PAGES >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.